忍者ブログ

ジオジオ

パンのこと ときどきのこと みちくさしながら

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パン つづき

出来上がり
プレーン、レーズン、トマト、チーズ、くるみ、くり、あずきときなこ、チョコ。



酵母が頑張ってくれました
久しぶりのお友達とも楽しい時間を過ごせたし、今日は良い1日です













PR

パン




今日は、ちょっとおひさしぶりのお友達から注文を貰ったパン作り
お届けは明日(手渡しなのでそれも嬉しい)なのだけど、朝から仕込まないと間に合わないので張り切っております
冬の酵母はのんびり発酵だからこっそり、暖かい牛乳を使ってみたり、ほんのり暖めたクルミやら栗やらを混ぜ込んでみたり…、あんまり無理に暖めるとどうしても美味しくならないから、気づかれないように…。酵母まかせのパン作りとはいえ、少しは酵母のお手伝いをしているのです
どうぞ美味しくなりますように















パン

昨日は、田舎から届いたくるみとサツマイモを使ってパンを焼きました。

お家で食べるだけなので、大きく焼いて長持ちするように…。


くるみぱん。


サツマイモぱん。
よくわかりませんね

これなら…。

くるみ。


さつまいも。

くるみパンはいつものレシピで。

サツマイモパンは、サツマイモを大きめに切って、オーブンで焼いた物を入れました。
パン屋さんでは普通甘く炊いたお芋を使うところが多いのですが、私は、もっと素朴な味に仕上げたくって、焼いたお芋に「ごま塩」で塩っけを足して巻き込んでみました。
塩っけを足してあげる事で、かえってお芋の自然な甘さを引き出せたように思います。
そのまま食べても美味しいし、トーストして、バターやマーガリンを塗ったり、甘いのが食べたい時は蜂蜜やメープルシッロップをかけても美味しいです













パン

最近は、食パンを焼く事が多かったのですが、
久しぶりにカンパーニュを焼いてみました


ご馳走さまでした

パン 続き

みゆちさん、とかちの酵母の感想です
お裾分けありがとうございました



とかち野酵母で焼きました。

お湯での種起こしも、すごく簡単でした
レシピには40℃くらいのお湯で40分置いて起こすと書いてたので、
寒かったし、そのままオーブンレンジの発酵機能を使って、
30℃設定の中に置いて発酵させたら、25分くらいで理想の発酵になりました。
ふわふわこんもり、とっても可愛くて、香りも良かったです

レシピは、味比べをしたかったので、
いつもの基本レシピ。

粉(国産小麦) 100%
吸水(ミルク)70%
砂糖 6%
塩 2%
バター 4%
で挑戦しました。

最近は寒いので、ホームベーカリーの捏ね機能を使っています、
なので、それもいつもと一緒で材料を放り込んでおしまいだから、楽ちんらくちん。

結果、イーストを粉対の3%でするレシピよりは、
発酵にちょっと時間がかかったけど(寒かったからかも?)
普段のうちの子よりは全然早いでした

1次発酵が2、5時間くらいで
ベンチが30分くらい
成形、食パンケースにいれて、2次発酵、30℃で55分。
オーブンを210℃で温めて、200℃→180℃で 28分

お味も美味しかったです
なんとなく、ちょっと和風な麹みたいな香りの気がしました。
うちの子は、ヨーグルトで育ててるので、
食べ比べると、やっぱり香りが全然違いますね〜

トーストにして食べるとさっくりもちもち
市販のイースト君でも、勿論おいしいパンが焼けると思いますが、
もうちょっと手間がかってもいい人で、
もっと、香りを楽しみたい人、国産小麦を使いたい人には、お勧めかもです。
ネットで調べてたら、もう市販されてるんですね〜凄いです



カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新CM

[02/23 深い海]
[05/27 モルト]
[05/25 レイコ]
[04/04 モルト]
[04/03 レイコ]

プロフィール

HN:
モルト
性別:
非公開
自己紹介:
いつかは、本当のカフェを開きたいと思いつつ、いろんな人の笑顔を想像しながら、パンを焼いたり、お料理をしたりしています。
季節の移り変わりを楽しむように、いろんな事を楽しみながら、のんびりと…。

バーコード

ブログ内検索

最古記事

カウンター

Copyright © ジオジオ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]